革職人と珠玉のレザー作品

                

                    

動物たちの皮を加工する事で、高級レザーや数々の革製品として王室の御用達とされるまでの献上物に成り得る「皮」は、職人たちの匠な技を経る事によって、「革」へと様変わりされるのであります。

高級革鞄、革財布、革小物たちは、職人の成す技の競い合いによって生まれた産物といっても過言ではないかもしれません。

革職人たちが皮をなめす工程から、加工に至るまで妥協を許すことのない技術への探求心とその工程が、数々の珠玉の作品を生み出しているのです。

特に、量産を行う事のできないような、細かく繊細な手作業を強いられるハンドメイド作品には、1針1針縫製する職人たちの、手作業の1つ1つに入魂された足跡を伺い知るような技術力が垣間見られます。

「革」は、古来から人々の生活の中で欠かす事のできない必需品とされながら、その加工技術や縫製法の発展が遂げられてきました。

多くの職人たちは、その革加工の技術を門外不出として、各工房での秘伝として引き継がれてきましたが、その数々の匠の技は、誰しもが施工できるような技術ではなく、そこには熟練の技が試されるような鍛錬と情熱が必要であるようです。

現代に受け継がれた技術は、実際の革製品を見ることで実感できるでしょう。

当サイト制作者のおすすめショップはこちら↓

革財布の中でも洗練されたデザインが揃っている他、サイトのレイアウトも非常にアーティスティックに感じます。例え購入予定がなくとも眺めるだけで楽しめるショップサイトです。

    

革のダイヤモンド「コードバン」

       

        

世界には、希少価値が高いものほど、○○のダイヤモンド、○○のキングだのクィーンだの例えられる事が多いのですが、革のダイヤモンドと言われる、「コードバン」という種類の革製品をご存知ですか?

世界三大珍味のトリュフは、黒いダイヤなどと呼ばれ、その貴重価値や人々をみりょうする芳醇な香りが称されていますが、革のダイヤモンドと呼ばれるコードバンは、一体、人々をどのように魅了しているのでしょうか。

コードバンと呼ばれる、革の一種は、馬が原料皮となっているようです。

馬のお尻がその部位となるようなのですが、その部位から取れる使用可能な皮部分は、ほんのわずかである事から、そのような希少価値を表わすようなネーミィングがついたようです。

コードバンは、革財布として使用されている事が多いようです。

美しい光沢や耐久性においては、一生ものであると語る人も少なくないようです。もちろん、一生ものとして愛用するには、製品がくたびれないように、定期的なお手入れが必要ではあります。コードバンのお手入れのポイントは、必ず専用のオイルワックスを使用する必要がある点であるようです。

トリュフの価値は、食した事のある人にしか分からないように、コードバンの革財布も、愛用した人が味わえる極上な使い心地なのかもしれません。

             

             

水分、カビに弱い革製品の扱い方

             

            

長期間、使用しない革製品の保管場所としては、カビを防ぐ為に、風通しの良い場所を選ぶ事が大切です。

仕舞い込む前に、ブラッシングやクリームなどで、一通りのクリーニングとお手入れを行う事が望ましいようですが、余分なクリーム類が表面に残っているとかえって、カビなどの原因になってしまうようです。

また、高温多湿などの場所に保管すると、せっかく染み込んだオイルが、室内の温度の影響を受けて、表面上に浮き出てしまったりするようですので、温度差も一定の場所が良いようです。

埃や汚れを防ぐ為には、通気性の良い麻の袋などが、オススメのようです。

最近は、ペットボトルで給水する為に、よく冷えたペットボトルを直に革鞄の中に入れてしまうと、水滴を革が吸収してしまってシミを作ってしまうような事もあるようです。

鞄の中に一緒に革財布などを入れておく事も、シミの原因となってしまう可能性もありますので、要注意でもあります。

雨にぬれてしまったり、うっかり飲み物を溢してしまったような場合も、乾いた布などで、水気を即座に拭く事が大切です。

乾燥させるために、天日干しをするのではなく、必ず陰干しをして、カビなどの発生を防ぐようにしましょう。

状態が落ち着いたら、通常のようにクリームなどでケアしていきます。