BLOG

二つ折り財布のデメリット

せっかく革財布の購入を検討しているのであれば、好みや使用感など、納得できるものを選びたいですよね。今まで革ではない財布を愛用してきていざ革財布に乗り換えようと考えた時、気をつけなければならない点をいくつか挙げておきたいと思います。特に二つ折り財布愛用者は革の二つ折りのデメリットについて知った上で検討するべきではないでしょうか。というのも、革とそうではない財布とでは圧倒的にその扱い方が変わってくると言えるからです。革といえば長財布人気というのもこう言った点に秘密があると言えるでしょう。二つ折り財布というのは使うたびに折りたたみされるため、摩耗したり破損しやすい形状であることはわかると思います。しかし、ナイロンなどの財布ではそこまで支障がなかったかも知れませんが、革財布となると話は別と言えるでしょう。いくら長財布よりも設定価格が安いとされる二つ折りでも、劣化などを考えるとそれなりに強い革で作られたものを選ぶべきと言え、そうなると価格はどうしても上がってしまうでしょう。お札や小銭が増えてしまった時などには財布の厚みからも負担がかかってしまい、さらに劣化は早まってしまうでしょう。休めの財布を何度も買い換えるというのは革財布に関してはエイジングを楽しむという点が欠落してしまうことになり、非常にもったいない行為とも言えるでしょう。二つ折りで別に小銭入れを携帯するというのも本末転倒な気もしますし、せっかく革財布に乗り換えるのであれば、エイジングもしっかり楽しめ、財布の管理を「しなくてはならない」環境に自分を追い込んでみるのも良いのではないでしょうか。財布の扱い方が変わると、必然的にお金の扱い方も丁寧になるというものではないでしょうか。