革製の鞄の中でも、最もポピュラーな革加工の種類と言えば、多くの人々が「オイルレザー」と声を上げるのではないでしょうか?

革製の鞄や革財布などを愛用している人々の中でも、定期的なケアやメンテナンスを行っている人は、限られた人々によるのではないかと言う専門家もいるようです。革製品のアイテムが、豊富に店頭に並び、気軽に手に入るような現代社会の中で、革製品の鞄や財布などの小物アイテムを、長期的に愛用しようと考える人々が少なくなっているのかもしれません。

商品の購入=消費=使い捨て感覚で、物を購入するといった尺度で、ショッピングする世代が増加しているのかもしれません。

そのような中でも、きちんと革製品の加工種別を知った上で、適切にクリーニングやメンテナンスを行う人々がいる事も確かな事ではあります。冒頭で述べた「オイルレザー」を使用した革製品のお手入れは、比較的レザーのケアが簡単であるという事から人気のある革加工でもあります。

本来、革製品の鞄や財布を購入した時点で、使い始めにオイルなどでメンテナンスをしてから使用するべきであるといったお手入れ方法を、現代の何割ほどの人々が知識として、そのような日常的なお手入れを実行しているのでしょうか?

オイルレザーに限っては、十分にオイルが浸透しているので、使い始めのオイルは不用であると言われています。ですが、可能であれば、防水スプレーを全体にかけておくと、水生の汚れから製品を守ってくれる役割を果たしてくれるようです。使用頻度の高い革鞄などは、外出から帰宅する度に、表面を軽くブラッシングして、埃や汚れを落とします。

また、1週間に1回ほど、表面だけではなく、内部にもブラッシングをかけて埃やゴミを落します。オイルレザーも、表面の革に乾燥を感じ始めたら、1カ月単位で、オイルやクリームでケアを行うようにしましょう。

このように、革製品には、日頃からのメンテナンスとしてのお手入れが必要なのであり、お手入れする事で、表情が変化していく風合いの様子が楽しみの1つでもあるのです。