WHOもスピリチュアリティを討議

あなたが、スピリチュアルな知識を身につけていくために必要最低限な情報をお伝えしていきます。もし誰かに「スピリチュアルつてなに?」と聞かれたら、すぐに一言で答えられるようになっておきましょう。

世界保健機関であるWHO が、 1998年に「スピリチュアリティ」 のことを こんなふうに伝えています。「スピリチュアリティ」とは、人々が生きる上で体験する側面のひとつであり、 体感や感情や思考のレベルで経験することを超越している領域である。

また、 WHOは「スピリチュアリティ」の領域を測定するために、 「SRPB」という尺度を提案しています。日本語では、「スピリチュアル、信仰、そして、 個人の信念」という意味になります。 この尺度は、 WHOが開発し、生活の質(QUALITY OF LIFE)で基準とさ れている「WHO QOL-100」のなかに入っているものです。