BLOG

腕時計のベルト選びのベーシック

大人の男性の小物使いの美学として、腕時計のベルト選びは慎重に行いたいものです。雑誌の特集記事などに多くある「腕時計ブランドの選び方」などをながめていると、そのデザイン性の美しさに、どのブランドをセレクトすべきなのか迷路に迷い込んでしまったような優柔不断な私自身をみつけることになりますが、腕時計は、そのデザインの豊富さを知れば知るほど、物欲を刺激する良い意味合いでの大人のおもちゃ的な存在であると考えています。最近の時計の大半は、「自動巻き」と呼ばれる、機械式腕時計であるが、腕時計の最古のスタイルは、「手巻き」によりゼンマイを巻き上げ動力を得るタイプの機械式腕時計であった。「手巻き」は、機械式腕時計の最古のスタイルであると言われています。奥深い腕時計のフォルムは、見るものを魅了し、その構造を知る者を奥深く引き込んでいくような魅力をはなっています。現代においてもなお、「手巻き」の腕時計は、マニアたちに愛用され、その存在価値は不動なものとされています。腕時計のベルトは、レザー、メッキ、メタル、布地、シリコン、ゴム製など、いくつかの素材がそれぞれの長所短所をもって、使い分けされているようです。その中でも、主流とされるベルトの種類は、「レザー」ベルトと「ブレスレット」ではないでしょうか。レザーベルトは、様々なシーンでの多様な需要から、多くの人々の生活のシーンで選ばれ、その美しさを競うように豊富なレザーベルトが各ブランドから作られています。腕時計のベルトと、革財布や革ポーチ、スラックス用の革ベルトなどを、1枚のレザーからオーダーするようなお洒落を楽しむレザー愛好家もいるようです。また、ブレスレットスタイルを含む、シリコン、布地などのベルトは、普段使いのレザーのベルトと着せ替えを行う事で、新たな腕時計の装いを生み出すという形も取り入れられ、腕時計のベルトは、腕時計のさらなる可能性を引き出すポイントとなりそうです。