三つ折り財布などの、コンパクト型の革財布が、このところ注目をあつめているようであります。

電子マネーや、クレジットカード決済などが可能な店舗が拡散し、キャッシュを持ち歩く人々の姿が、減少しつつある余波なのかもしれません。

現代の新人類の外出時の持ち物から、財布が消滅していくイメージは多くの人が安易に想像できる、近い未来なのかもしれません。スマートフォンなどのタブレット機器さえポケットに持ち歩けば、全ての事が成せるような近未来社会は、すぐそこまでやっきているのかもしれません。

皆さんの、使用している革財布が、博物館の片隅に展示され、未来人たちが、ガラスケースの中に展示された革財布を興味深くながめる様は、私達が、石器時代の遺跡から発掘された、展示物を眺める光景となんら変わりはないのです。

今後、革財布が、どのような形状変化のもとスタイルチェンジして、皆さんの身の回りの日用品として扱われていくのかは分かりませんが、革財布や、革製品を作り上げてきた、人びとの歴史や、その職人技は、人類の歴史に大きく貢献し、その発展を遂げてきたはずなのです。

革は「皮」の「なめし」にはじまり、特殊な加工を施される事で、芸術品としょうされるような匠なレザー製品生み出されます。そこには、携わった人々の温もりや、1針1針の縫製に魂が宿っています。