最近は、皆さんが日常的に愛用するお財布やバッグなどの小物がカジュアル化し、ビジネスのシーンであっても、革の鞄や革財布を愛用するのではなく、ナイロン製のバッグやお財布を好んでチョイスするような人々が、巷で多くみられるようになってきました。

たしかに、価格やその扱いのし易さ、また保管やメンテナンス、機能性などを総合的に考えてみるとナイロン製品の特色が、皆さんに求められる理由は容易に理解する事はできますが、革製品には、手に取って長い事愛用した人にしか分からないような愛着感や風合いがある事を皆さんにも知って頂けたらとも思っております。

以前は、外出となると、よそ行きの服に着替えて、革のポシェットを肩から下げて、堅苦しいような装いで表を歩く事が常でありましたが、最近は、ジャージ姿に、ナイロン製のリュックや、布製のトートバッグなどを手持ちし、カジュアルにどこにでも気軽に外出できるようなスタイルが好まれているようです。

しかし、カジュアルなスタイルばかりではなく「ON」「OFF」のできる着こなしもしてみて頂けたらとも思います。

上質なもの、職人が手をかけて作りだした製品にしかない味わい深さというようなものがそこには、感じ取れる瞬間があるはずなのです。

ファストファッションにも、それなりの良さはみつかるのですが、伝統のある革製品の味わい深さも是非とも知って頂きたいと考えています。